2010年04月23日

障害者自立支援法訴訟13例目の和解 大阪地裁(産経新聞)

 国と原告側が終結に合意していた障害者自立支援法をめぐる違憲訴訟のうち、大阪府の男女11人の障害者が国に負担の免除などを求めた訴訟の口頭弁論が20日、大阪地裁(吉田徹裁判長)であり、和解が成立した。

 さいたま、奈良、旭川各地裁などに続き13例目。弁護団によると、21日に東京地裁でも和解が成立する見込みで、全国の訴訟が終結するという。

【関連記事】
新制度「障害者に思いを」自立支援法訴訟で原告側が違憲陳述
【施政方針演説】人のいのちを守るため「いのちを守る予算…」
初の点字訴状、受け取りへ 全盲女性に名古屋地裁伝える
障害者自立支援法廃止へ 長妻厚労相、新制度の設計着手
政権交代でどうなる? 障害者自立支援法 新法に衣替えへ

<訃報>宝生英照さん52歳=能楽師宝生流シテ方(毎日新聞)
<児童ポルノ>3少年は元被害者 報酬渡されグループに(毎日新聞)
首長ら「日本創新党」旗揚げ=党首に山田杉並区長、参院選5議席目指す(時事通信)
舛添氏ら「新党改革」、23日結成を発表(読売新聞)
堀内恒夫氏に参院選への出馬を打診 自民(産経新聞)
posted by lftqxs8rxk at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。